M字ハゲの初期症状って知っていますか?

M字はげの初期症状

 

M字はげに突然なることはありません。抜け毛や薄毛は突発性の場合(円形脱毛症など)を除いてゆっくりと進行し、ある日突然激しく抜け続けるというのが多いんです。

 

ですから薄毛の場合は、必ずなんらかの初期症状というのが現れているハズです。その初期症状を見落としてしまうと、『気がつかないうちにM字はげになってた...』ということにもなりかねません。

 

M字はげの初期症状、それは

 

やじるし髪の生え際の頭皮が赤く見える
やじるし生え際から抜けた髪の毛根が黒赤く、小さく萎縮している

 

といった症状です。これらの症状は夏の日焼けと見間違うことも多く、とても見極めにくいのですが抜けた毛の毛根を見てみると一番ハッキリわかります。

 

M字はげの初期症状に入ると、毛根が萎縮して赤黒くなってしまっていることが多いのです。

 

 

M字はげは初期症状段階で食い止めよう!

m字ハゲの初期症状に入ってくると徐々に髪が抜け落ちてきますから、今まで大丈夫だと楽観視していた自分の髪の毛に対して、ちょっとヤバいのではと心配するようになってきます。

 

とくに父親や祖父や親せきなどがM字ハゲであればあるほど、遺伝性によって自分もm字ハゲの確率が上がってしまう為、決して他人事とは思えなくなってしまうのです。

 

ただM字はげの場合は初期症状の段階で対処するほど進行状態を抑えることは可能なので、髪の毛を1本でも多く残したい人は毎朝注意深くM字はげの初期症状になっていないかを確認してみましょう。

 

m字ハゲの初期症状になると、髪の毛の生え際から抜け毛の本数が徐々に増えてきます

 

抜け毛の原因といえばストレスや生活習慣、食生活の乱れなども含まれていますが、よくある抜け毛の原因は髪の毛や頭皮への強い刺激です。

 

頭皮や髪の毛に与える刺激の原因といえば、髪の毛を洗う時やパーマや脱色や痒みによって頭皮を掻いた時にも感じられ、オシャレや見た目を気にする人または生活習慣を乱れがちですと、ハゲる体質でなくても通常よりも抜け毛の本数が増えてしまいます。

 

また、日焼けもヤバイです。

 

初期症状段階だと最初は抜け毛の本数がやや多いくらいなので楽観的に捉えてしまいます。

 

ですが何もしないでいると、日を重ねるうちに抜け毛の本数が増え、完全にM字に見えるようになってしまうことから、とくに生え際の抜け毛が増えてきたと感じたトキには充分注意をしましょう。

 

 

【NEXT】
M字はげの初期症状に効果のある育毛剤 >>