M字ハゲには喫煙と飲酒どっちが悪影響なのか?

M字はげにヤバイのは喫煙と飲酒だとどっち?

M字はげにヤバイのは喫煙と飲酒だとどっちになりますか?

喫煙と飲酒、どっちも悪影響ですが...やっぱり喫煙、タバコでしょう。

 

m字ハゲには、喫煙と飲酒が悪いとよく言われます。でも喫煙と飲酒でどっちが悪いのかというと...やっぱりタバコを吸うほうが薄毛には悪影響を与えます。

 

確かにお酒はM字はげに悪いことは悪いのですが...

お酒を飲むと血流は良くなりますが、それでも薄毛が進行することがあります。特に著しくお酒を飲みすぎると肝臓を悪くし、内臓が悪くなれば髪の毛にも影響が出てきて、薄毛につながります。

 

でもお酒が薄毛に悪いと言われる最大の理由は、

 

アルコールの取りすぎで熟睡できないことです

 

育毛のゴールデンタイムと言われている夜10時から翌朝2時までの4時間、この時間帯に熟睡できていないと髪の毛は育たないのです。

 

お酒を飲むとどうしても眠りが浅くなってしまうため、熟睡までには至りません。体を休めづらくなるということは、髪の毛の成長にも悪い影響を与えるということです。

 

 

喫煙がM字はげにNGな理由

一方、喫煙による影響はそれだけではありません。喫煙は頭皮だけに限らずカラダの様々な部分に悪影響をもたらします。

 

喫煙するとビタミンCが破壊されるので、ビタミンC不足となります。ビタミンCが不足すると常にイライラするようになり、これが原因でストレスが高まり、抜け毛へとつながります。

 

そしてひとたびタバコを吸うと、その瞬間から血流が悪くなるので、髪や頭皮に十分な栄養がいきわたらなくなります。

 

M字ハゲに対して、喫煙と飲酒どっちが悪いかは明確には言えませんが、あえて言うなら喫煙でしょう。

 

それは喫煙の習慣は、間違いなく体に悪いからに他なりません。飲酒に関しては昔から少しのお酒は百薬の長とも呼ばれていて、血行促進にもなるので体に良い作用があります。

 

飲みすぎには注意が必要ですが、毎晩少したしなむ程度のお酒なら、タバコを吸うことに比べると特に問題はナイです。

 

それだけタバコはカラダに悪いのです。

 

 

【NEXT】
M字はげの初期症状に効果のある育毛剤 >>