m字はげ予防にはどんな食事がイイ?

 

m字はげに限らず薄毛全般に悪い食べ物、それは...

 

脂質(アブラ)

 

です。

  • 長時間仕事をしたり、打ち合わせに集中していたとき
  • タバコの煙がすごいところにいたとき
  • 徹夜で麻雀していたとき

など、頭皮の毛穴からアブラ玉が浮いていたという経験ありませんか?ぱっと見では汗のようにも見えますが、触ってみるとアブラだったという...。

 

太っている方に多い症状なのですが、汗をかきやすい人にも多いんです。そして、頭皮にアブラが浮きやすい人ほど、ハゲになりやすいんです。

 

m字ハゲが気になっているアナタ、つむじや額の両側の後退している部分からアブラ出ていませんか?

 

アブラを少なくする

 

皮脂の分泌が通常よりも多い...。

 

ということは、アナタの体内で脂肪分が余っているからです。

 

食事で摂取された脂肪分は体内で吸収しきれなくなると、汗や尿や便となって排出されます。

 

汗からは特に、塩分と脂分が排出されることが多いんです。

 

  • 汗はしょっぱい ⇒ 体内の余分な塩分を出している
  • アブラ汗 ⇒ 体内の余分な脂分を出している

 

脂っこい食事が多い人で脂分が吸収されずに残ってしまった人は、汗から体外に排出されます。

 

でもアブラですから、うまく排出が進まず毛穴に残ってしまうと...

 

  • 皮脂汚れ

 

となってしまい、イヤ〜なニオイを発生させ、毛根ツマリを起こすんです。

 

これが抜け毛の原因となっているんですね。

 

現に食事バランスの良い人は、ハゲになりにくいというデータもあります。

 

ハゲ防止には脂分の多い肉類などを少なくする。


 

特にM字ハゲの方は、額の生え際に汗がたまりやすい体質と考えられます。

 

なので、カラダの内側からの体質改善をするコトが大切なのです。

 

食事で脂肪を全く取ってはダメ?

 

ではありません。脂肪は、人間にとって大切なエネルギー源の一つです。

 

ですから体内で必要とする脂肪分だけを摂取し、しっかり燃焼させるコトが大切。成人だと、1日に必要なエネルギーの20〜25%ほどを脂質から取るのがよいといわれています。

 

1日の摂取カロリーを2,000kcalとすれば、25%は500kcal=約50gです

 

ですから、アナタが毎日アブラ分を50g以上摂取しているならアウト!過剰に取りすぎたら、運動をして消化してあげなければなりません。

 

しかしながら、、脂肪分を一切摂らないというのはダメです。カラダがバテバテになってしまうからです。

 

過剰な脂肪摂取をせず、消化できる分だけを毎日摂取する

 

このような食生活であれば、M字ハゲから回復するでしょう。そのうえで、カラダの内側と外側から有効な対策を施していきましょう。

 

 

■M字はげの体質改善に効果のある育毛剤 >>